ハーブ講座:香りを楽しむフレグラントハーブ:12月 パイナップルセージ home
香りを楽しむフレグラントハーブ
12月 パイナップルセージ
パイナップルセージ
Pineapple Sage

 冬前に鮮やかな赤色の花を咲かせます。葉にはパイナップルそっくりの甘い香り。花はもちろん、葉はティーやデザートにしても楽しめます。料理に使われるのは和名がヤクヨウサルビアの、「コモンセージ」「パープルセージ」など。パイナップルセージや紫色のアメジスト(メキシカンブッシュ)セージなどは観賞用セージといわれます。

分類
 シソ科・多年生 / 原産地・メキシコ

栽培のポイント
 日当たりのよい場所とさらりとして水はけのよいアルカリ性土質を好みます。冬前に赤色の花が次々に開花します。花が終わったら剪定を行ってください。低木のため、年を重ねるほどに株がしっかりしてきます。厳しい寒さに弱いので、寒冷地では防寒を施してください。特に寒さの厳しい場所では、鉢に移して室内で保護しましょう。

楽しみ方
 葉にパイナップルに似た甘い香りが漂います。葉が固いのでそのまま食べるのではなく、香りを移す方法がおすすめです。ハーブティーにしたり、甘いもの(デザート&お菓子)に合わせて使うのがぴったり。ドライにしても香りが残るのでサシェにしても。花の赤色がきれいに残るので、つぼみの時期に収穫してドライフラワーにしても楽しめます。

・R E C I P E・
ハーブリキュール

材料
ホワイトリカー 200cc(1カップ)
パイナップルセージの葉 1/2カップ(ドライの場合1/3)
氷砂糖(入れる場合) 25g

作り方
 洗って水気を完全にとったハーブ、氷砂糖(入れるなら)を密閉瓶に入れ、ホワイトリカーをハーブがつかるように注ぐ。ふたをして比較的温かいところで2〜3週間おき、香りが移ればハーブを取り出す。冷暗所で熟成させると風味が増す。

※毎日容器を振ると均一になり熟成も早まる。
※パイナップル風味のリキュール。水や炭酸水で割って、果実酒のように楽しめる。甘みのないものはジンジャエールやカルピスで割ってもおいしく、紅茶、コーヒー、ホイップクリームの風味づけにも使えて便利。デザートやお菓子の風味づけにも使える。

 

ハーブ講座トップへ

分野別講座トップへ